旅行

第5歩:福井県(越前国)探訪記~雄島~

投稿日:2020-12-31 更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

壱の巻:雄島

(1)基本情報

①概要

坂井市三国町安島にある島。越前海岸にある島のひとつで、同海岸中もっとも大きな島である。越前加賀海岸国定公園に含まれている。 面積は約10.2ヘクタール、周囲2キロメートルは海食崖になっている。島全体が流紋岩でできており、近隣の東尋坊同様に柱状節理が発達しているほか、板状節理も見ることができる。島一周を歩いて1時間程度で観光可能。

【入り口の鳥居】

【入り口の鳥居】

②アクセス

東尋坊から京福バスで5分。

③島の成り立ち

約1200万年以上前に噴出した流紋岩のマグマが、流出団結したことで形成された。その後、波浪による侵食を受けて今の形になる。長年に渡って人の手が入っていないため、雄大な自然が残る

(2)心霊伝説

自殺の名所である東尋坊の東側に位置し、海流の関係で毎年多数の遺体が流れ着くため心霊伝説が残る。「反時計回り」に島を回ると不吉とされる。

(3)主な見所

①磁石岩

柱状節理が特徴的な島なので、基本的にどの岩も同じ性質を持つはずであるが、1ヶ所にだけ方位磁石を狂わせる磁石岩がある。是非とも方位磁石を合わせてほしい。なぜ、原因はいまだに不明であるが、一説には落雷が原因とされている。落雷により岩が磁化されてしまったのだ。

【磁石岩】

【磁石岩】

②雄島橋

島に入る時には必ず通る橋。朱い色が特徴的な橋となっていて、その長さは224メートル。決して引き返してはいけないと言われる。東尋坊で自殺した人が、橋げたに引っかかってしまうことがあるため、引き返すと連れて帰ると言われている。

【橋】

【橋】

③ヤブニッケイの純林

島には自然がそのままの姿で残っており、樹齢が1000年になるような樹木も多い。その中でも、ヤブニッケイの純林が目を引く。雄島のヤブニッケイは、真っ直ぐに伸びておらず、曲がっているのが特徴。これは、強い風を長い年月浴び続けたため、風の形になっているため。自然の姿がそのまま残っている。

【林道】

【林道】

④流紋岩の流理構造や柱状節理

島全体が「流紋岩」でできているため、マグマの流動時にできる斑晶の配列などによる流れ模様「流理構造」が見られる崖がある。また、マグマの冷却面と垂直に発達し、柱状になった岩「柱状節理」の断面も迫力がある

【崖】

【崖】

【崖(別方向)】

【崖(別方向)】

⑤大湊神社

源義経が落ち延びる際に家臣の兜を神社に奉納した話や朝倉義景(一乗谷朝倉氏遺跡)の後援を受けていた際に明智光秀が神社を訪れて漢詩を詠んだという話も残る。かつての社殿は織田信長の兵によって焼き払われており、現在の社殿は1621年に造立されたもの。本殿・拝殿ともに福井県の文化財に指定されている。

【社殿】

【社殿】

(3)留意事項

一乗谷朝倉氏遺跡と同じくオススメの観光スポットである。東尋坊と合わせて必ず訪問すべきである。特に、ヤブニッケイの純林には圧巻される。自由自在に伸びた幹や枝は一見の価値あり。
雄島から芦原温泉への路線バスも出ているので、雄島をハイキングしてでた汗を芦原温泉で流すのは最高である!!是非とも検討してもらいたい。

スポンサードリンク

関連記事

これを読んで、福井県に是非とも出掛けようと考えたあなたへ!
下の記事でも、福井県旅を楽しむための方法を紹介しているので、併せて確認することをお勧めする!

 
第5歩:福井県(越前国)探訪記~旅のきっかけとスケジュール~

第5歩:福井県(越前国)探訪記(訪問地概要編)

第5歩:福井県(越前国)探訪記~恐竜博物館~

第5歩:福井県(越前国)探訪記~永平寺~

第5歩:福井県(越前国)探訪記~一乗谷朝倉氏遺跡~

第5歩:福井県(越前国)探訪記~東尋坊~

⑦第5歩:福井県(越前国)探訪記~雄島~ ☜今ココ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-旅行

執筆者:


  1. […] ⑦第5歩:福井県(越前国)探訪記~雄島~ […]

  2. […] ⑦第5歩:福井県(越前国)探訪記~雄島~ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【東尋坊入口】

第5歩:福井県(越前国)探訪記~東尋坊~

壱の巻:東尋坊 (1)基本情報 ①概要 坂井市三国町安島にある崖。越前加賀海岸国定公園の特別保護地区に指定。日本海に面した海食崖で、険しい岩壁が続き、最も高い場所で約25mの垂直の崖がある。輝石安山岩 …

【恵美須神社全景】

小さく第3歩:誰も知らない京都の楽しみ方~恵美須神社~

壱の巻:恵美須神社 (1)概要 京都恵比寿神社は「西宮恵美須神社」や「大阪今宮恵美須神社」と並んで日本三大えびすとして呼ばれ、通称「えべっさん」の名で親しまれている。 1202年に禅禅の開祖である栄西 …

【金戒光明寺】

小さく第6歩:誰も知らない京都の楽しみ方~金戒光明寺~

壱の巻:金戒光明寺 (1)概要 「くろ谷さん」の名で親しまれる浄土宗の大本山。法然上人が初めて草庵を結んだ地で、幕末の京都守護職を務めた会津藩主の松平容保(まつだいらかたもり)が本陣を構えた寺で、新選 …

【石像寺入口】

京都旅の穴場スポット釘抜地蔵の名前の由来とお百度参りの作法

壱の巻:色々ユニークな釘抜地蔵 (1)概要 正式名称は石像寺。空海によって819年に創建。境内には大きな釘抜きのオブジェや「釘抜きと八寸釘が括りつけられた絵馬」などがあり、必見。地蔵堂にはたくさんの提 …

【かずら橋入り口】

第4歩:祖谷温泉へレッツゴー~祖谷のかずら橋~

壱の巻:祖谷のかずら橋 (1)概要 冬場の厳寒な山野で採取した自生の「シラクチカズラ」を編み連ねて創られる。架橋した当時の人々にとっては、大切な生活路として祖谷川各所に架けられていたが、今では西祖谷山 …

サイト内検索