旅行

第5歩:福井県(越前国)探訪記~東尋坊~

投稿日:2020-12-30 更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

壱の巻:東尋坊

(1)基本情報

①概要

坂井市三国町安島にある崖。越前加賀海岸国定公園の特別保護地区に指定。日本海に面した海食崖で、険しい岩壁が続き、最も高い場所で約25mの垂直の崖がある。輝石安山岩でできた巨大な柱状の岩(柱状節理)が約1kmにわたり海岸線に広がっている大規模な柱状節理は世界的に珍しい。朝鮮半島の金剛山やスカンジナビアのノルウェー西海岸と並ぶ、地質学的に大変貴重な場所。溶岩が冷え固まったときにできたといわれる柱状の岩は非常に硬く、長い年月の侵食によりできた芸術品ともいえる。それゆえ、国の天然記念物および名勝の指定を受けている。なお、サスペンスドラマの撮影・ロケ地としても有名

【東尋坊入口】

【東尋坊入口】

②アクセス

えちぜん鉄道「福井駅」から三国芦原線「三国港行き」乗車(約50分)に乗り、三国駅で下車。その後、京福バスにて約15分。
※えちぜん鉄道には休日に利用可能な一日フリーきっぷがある。また、京福バスにも同様きっぷがある。週末に旅行する場合はこの2つのチケットの利用をおすすめする。

(2)地名の由来

乱暴あるいは恋愛関係で恨みを買って崖から突き落とされた平泉寺(勝山市)の僧「東尋坊」の名前に由来する
※平泉寺
天台宗の有力寺院。白山信仰の拠点でもあり、戦国時代に朝倉家の保護を受けていた頃は数多くの寺院や僧兵を抱える。恐竜博物館からタクシーでのアクセスも可能

(3)成り立ち

約1300万年前、マグマが地表近くまで上昇し、地中の中で冷えて固まる過程の中で五角形や六角形の柱状に形成された。その後、地殻変動により地表に現れた岩が波や風による浸食を受け、現在の形になった。特に、東尋坊の柱状節理は厚い地層にマグマが阻まれたことから、ゆっくり冷やされたため太いのが特徴

【東尋坊全景】

【東尋坊全景】

(4)その他

①東尋坊は自殺の名所としても知られるため、崖の近くには自殺者がでないよう見張るための番所もあった。また、10円玉が置かれた電話ボックスも設置されている。
この後で紹介する「雄島」も併せて訪問すべきである!

【遊覧船】

【遊覧船】

スポンサードリンク

関連記事

これを読んで、福井県に是非とも出掛けようと考えたあなたへ!
下の記事でも、福井県旅を楽しむための方法を紹介しているので、併せて確認することをお勧めする!

 
第5歩:福井県(越前国)探訪記~旅のきっかけとスケジュール~

第5歩:福井県(越前国)探訪記(訪問地概要編)

第5歩:福井県(越前国)探訪記~恐竜博物館~

第5歩:福井県(越前国)探訪記~永平寺~

第5歩:福井県(越前国)探訪記~一乗谷朝倉氏遺跡~

⑥第5歩:福井県(越前国)探訪記~東尋坊~ ☜今ココ!

第5歩:福井県(越前国)探訪記~雄島~

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-旅行

執筆者:


  1. […] ⑥第5歩:福井県(越前国)探訪記~東尋坊~ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【原爆ドームの楕円部分】

広島貧乏旅行~原爆ドームを中心に、戦争の惨禍にも目を向ける~

この章では、広島市の観光スポット(原爆ドームとその周辺施設)の詳細を紹介する。 この記事の主眼は、「WWⅡとは何だったのか?」や「大人になってから見る原爆ドームとは?」といったことについて、一歩踏み込 …

【土柱】

第4歩:祖谷温泉へレッツゴー~「脇町うだつの街並み」と「阿波の土柱」~

壱の巻:「脇町うだつの街並み」と「阿波の土柱」 (1)脇町うだつの街並み ①概要 江戸時代に近畿地方の商家を中心に、競うように上げられた「うだつ」。しかしながら、現在町並みとして残っているのは、岐阜県 …

【写真②:ブログ作り】

私が貧乏旅行について書く理由と、二人旅の難しさについて

この章では、前の記事に引き続きブログの執筆動機についてより具体的に記す。旅に出ようと思って、現在、インターネット等で「旅」や「食事」と検索すると膨大な量の情報が検索できる。にも関わらず、筆者が必要とす …

【兎の置物】

小さく第3歩:誰も知らない京都の楽しみ方~東山区編~

この章では、2020年7月中旬に行った京都旅(東山区編)の概要を紹介する。前回の京都旅(上京区編)につづき、今回も「誰も知らない京都旅の楽しみ方」を伝授するを目的に旅の行程などを紹介する!今回も非常に …

【小便小僧】

第4歩:祖谷温泉へレッツゴー~阿波国、徳島県探訪記~

この章では、2020年7月中旬に行った徳島・祖谷温泉(いやおんせん)旅行の概要版を紹介する。各観光場所の詳細については、後日紹介する別の記事を参考にしてもらいたい。 壱の巻:日本三大秘境 (1)今回の …

サイト内検索