旅行

第5歩:福井県(越前国)探訪記(訪問地概要編)

投稿日:2020-12-03 更新日:

この章では、今回の福井旅で訪れた訪問スポットの概要について紹介する!!福井の観光スポットには底力のあるものが多く、その魅力発信の乏しさにもどかしさを感じる一方、だれも知らない秘境感もあった。是非ともこの記事を読んで、福井旅の持つ醍醐味や奥深さを感じ取ってもらいたい!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

壱の巻:訪問地概要

(1)えちぜん鉄道(1日目&2日目)

今回の旅の相棒である!勝山永平寺線・三国芦原線の2線走っている。いずれも鈍行列車であり、愛嬌たっぷりである。通称「えち鉄」。福井市から勝山や三国港を結ぶ、44駅のうち28駅が無人駅で、利用客の大半は高齢者という状況から、通勤通学の時間帯を除くほぼすべての列車に、「アテンダント」と呼ばれる女性乗務員が乗務している。アテンダントの主な仕事道具は、昔ながらの改札ハサミを使った検札や切符の販売などに加えて、観光案内も行っているので、路線バスの乗り継ぎも含めて、分からないことはどしどし質問してみよう!なお、接客のスキルは素晴らしい!!あと、忘れてはならないのが、福井駅でのアナウンス。「福井~。福井~。」は、とても耳に残るので、絶対に聞いてもらいたい!

【えちぜん鉄道】

【えちぜん鉄道】

(2)恐竜博物館(1日目)

勝山市の長尾山総合公園内にある、恐竜を主たるテーマとした自然史博物館。カナダのロイヤル・ティレル古生物学博物館、中国の自貢恐竜博物館と並び、世界三大恐竜博物館と称される。
※詳細については別の記事で紹介する。

【恐竜博物館】

【恐竜博物館】

(3)永平寺(1日目)

吉田郡永平寺町にある曹洞宗の仏教寺院。曹洞宗の大本山である。開山は道元。敷地内にある山門、仏殿、法堂、僧堂、大庫院、浴室、東司など修行の中心となる七堂伽藍が有名で、樹齢600年といわれる老杉など深い森に囲まれている。
※詳細については別の記事で紹介する。

【永平寺】

【永平寺】

(4)福井城(1日目)

「関ケ原の戦い」後に、徳川家康の次男である結城秀康によって築城。本丸や二の丸は家康自ら縄張りを行ったという説もある。松平春嶽の居城としても有名。内堀、石垣、天守台などの遺構が残り、石垣は切込接ぎの布積みで積まれているため、大変美しい。天守台のそばに「福井」の語源由来となったといわれる「福の井」という井戸が残る。天守は現存していないが、内堀にかかる御廊下橋が復元されており、屋根付きの珍しい橋とされている。入場料は無料。城の隣は福井県庁で福井駅から徒歩10分程度。

(5)一乗谷朝倉氏遺跡(2日目)

戦国時代に朝倉氏五代が約100年間にわたって越前の国を支配した城下町跡。武家屋敷・寺院・町屋・職人屋敷や道路に至るまで町並がほぼ完全な姿で発掘され、国の重要文化財・特別史跡・特別名勝に指定されている。日本のポンペイ遺跡とも呼ばれる。
※詳細については別の記事で紹介する。

【朝倉遺跡】

【朝倉遺跡】

(6)東尋坊(2日目)

福井県坂井市に位置する崖。越前加賀海岸国定公園の特別保護地区に指定。日本海に面した海食崖で険しい岩壁が続き、最も高い場所で約25mの垂直の崖がある。
※詳細については別の記事で紹介する。

【東尋坊】

【東尋坊】

(7)雄島(2日目)

福井県坂井市三国町安島にある島。越前海岸にある島のひとつで、同海岸中もっとも大きな島である。越前加賀海岸国定公園に含まれており、東尋坊から徒歩でのアクセスも可能。心霊スポットとしても知られる。
※詳細については別の記事で紹介する。

【雄島】

【雄島】

(8)芦原温泉(2日目)

あわら市にある温泉。芦原町と金津町が合併してあわら市が発足してからは「あわら温泉」と表記されている。福井県屈指の温泉街として「関西の奥座敷」と呼ばれている。えちぜん鉄道「あわら湯のまち駅」すぐ。福井駅から乗車時間40分程度。駅近くの足湯は、「芦湯」と呼ばれる。現在では採掘されていない福井県産の笏谷石(しゃくだにいし)を使用した総ひのき造りの建物内に、温度などが異なる5種類の足湯がある。大正ロマンをイメージした造りで、花菖蒲、芸妓を描いたステンドグラスが特徴的。夜は、建物全体がライトアップされて、幻想的な雰囲気を味わうことができる。

【温泉】

【温泉】

次回の記事から、各訪問スポットの詳細について紹介する!!

スポンサードリンク

関連記事

これを読んで、福井県に是非とも出掛けようと考えたあなたへ!
下の記事でも、福井県旅を楽しむための方法を紹介しているので、併せて確認することをお勧めする!

 
第5歩:福井県(越前国)探訪記~旅のきっかけとスケジュール~

②第5歩:福井県(越前国)探訪記(訪問地概要編) ☜今ココ!

第5歩:福井県(越前国)探訪記~恐竜博物館~

第5歩:福井県(越前国)探訪記~永平寺~

第5歩:福井県(越前国)探訪記~一乗谷朝倉氏遺跡~

第5歩:福井県(越前国)探訪記~東尋坊~

第5歩:福井県(越前国)探訪記~雄島~

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【入山とうふ店】

私が京都旅で食したおすすめグルメ三選~上京区編~

壱の巻:昼食(入山とうふ店) (1)入山とうふ店 京都の中でも一番古い豆腐屋で創業1829年。大豆をおくどさん(いわゆるかまど)で炊くことでとても美味しい豆腐が楽しめる。メニューには、ひろうす(がんも …

【稲生神社全景】

広島の観光スポットを紹介!駅近&穴場で時間がなくても楽しめる!

この章では、以前の記事で紹介した観光スポット(駅近観光スポット)の詳細を紹介する。観光に十分な時間がなくても広島駅からすぐ行ける穴場スポットであり、徒歩でのアクセスも可能である。 先ず始めに猿猴橋につ …

【永平寺入り口】

第5歩:福井県(越前国)探訪記~永平寺~

壱の巻:永平寺 (1)基本情報 ①概要 道元禅師によって開かれた坐禅修行の道場で曹洞宗の大本山。1244年に傘松峰大仏寺として建立され、その2年後の1246年に吉祥山永平寺と改められた。770年以上経 …

【二条城の横でひっそりと佇む】

祇園祭発祥の地!神泉苑の歴史や見どころを解説

壱の巻:神泉苑 (1)概要 794年桓武天皇が平安京の造営に際して、苑池を設けた。その池は、常に清泉が湧き出すことから神泉苑と名づけられた。その規模は現在の神泉苑の約10倍で、日本初の花見の宴が催され …

旅

パックツアーと個人旅行のメリット・デメリットを比較してみた。

この章では、前章で紹介した「パックツアー」を利用した場合のメリットについてより詳しく紹介するために、具体的なトラブルを想定した上で、「個人旅行」の場合との比較を行う。本章の読者は、「パックツアー」を利 …

サイト内検索